生駒市後援会ニュース「風」&ひろみだより

日本共産党生駒市後援会ニュース

生駒市後援会ニュース2019/2・3月号

 

No.133(部内資料)

f:id:hanabamboo:20190227214709j:plain

2月1日、初冠雪の生駒山頂上付近(160ミリ望遠・壱分町より撮影)

 

統計不正、消費税、軍拡・改憲、沖縄辺野古原発、日ロ領土

さあ選挙!安倍政治の大破綻に審判を下そう!

うそ、ごまかし、改ざん、ねつ造、隠ぺい政治を終わらせよう

通常国会が1月28日に開会し、衆院志位和夫委員長が、参院小池晃書記局長が代表質問を行いました。4月の統一地方選、7月の参院選を前にして、浮かんだ争点とは?(以下代表質問と委員会審議から)

 

毎月勤労統計調査の不正問題  厚労省が法令に違反して不正な調査を行ったことで、失業手当など2000万人に計567億円の被害(本来より低額で支給)が生じました。現在の日本の平均賃金はいくらか、という政府の経済認識や政策判断に決定的影響が及び、予算審議の前提を揺るがす大問題です。

 

10%消費税導入 について、①深刻な消費不況なのに増税か? ②前回増税延期を決めたときより、経済は悪化している。③勤労統計の不正により、賃金が実際よりもかさ上げされている。④「景気対策」の消費税軽減が奇奇怪怪、批判が殺到。今年10月からの消費税増税は道理のカケラもない。これをやめて、大もうけをしている富裕層と大企業への優遇税制をやめ、本来の課税をすれば、充分財源は確保できます。

f:id:hanabamboo:20190227225256j:plain

f:id:hanabamboo:20190301225636j:plain

f:id:hanabamboo:20190227225402j:plain消費税値上げの根拠は崩壊

志位委員長が12日の衆院予算委で使ったグラフ。 安倍首相が10%消費税を合理化するために、景気や所得が上昇したというので、それを反論する資料。

グラフは、家計の支出や平均賃金を表す。いずれも2014年の消費税8%への増税を契機に落ち込んだままで、今日まで回復していない。

 

大軍拡・9条改憲 「いずも」型護衛艦を空母にするとか、長距離巡航ミサイル「イージスアショア」を導入するとか、F35戦闘機を147機体制にするとか、トランプ言いなりの「攻撃的兵器」の「浪費的爆買い」は、「専守防衛」をかなぐり捨てるもので、この上憲法自衛隊を書き込めば、文字通り海外派兵の「戦争する国」へ導くものです。米国防総省の1月末の発表では、通常戦闘機の寿命は30年だが、このF35Bには多くの欠陥があり、寿命は10年としています。まさしく「浪費的爆買い」です。

 

辺野古新基地工事 沖縄県民と日本国民の怒り、民主主義と地方自治を踏みにじる、辺野古への土砂投入には何の道理もない。この区域のサンゴは移植した、という安倍首相のウソにも厳しい批判が殺到。埋め立て区域に超軟弱地盤があることを、3年前からわかっていて隠ぺいしていた安倍政権。国会で指摘されて地盤改良工事が必要と認め、その新たな工事の許可を沖縄県に申請しなければならない事態に陥った。しかし玉城デニー知事は許可しない方針です。

 

8万本近い・90メートルの杭 このマヨネーズ状の超軟弱地盤を固めるためには、防衛省沖縄防衛局の計画では、埋め立て全面積の3分の1に及び、合計約8万本近い杭打ちが必要で、しかも杭を打ち込む深さは海面から90mに達し、専門家は「前例のない難工事」と指摘、大浦湾の自然環境に取り返しのつかない破滅的影響を及ぼします。こんな無謀な工事を伴う辺野古埋め立て工事は直ちにやめて、普天間基地の閉鎖・撤去について、米側と交渉すべきです。

f:id:hanabamboo:20190325144722j:plain

原発輸出は総くずれ 日立・東芝三菱重工などの大企業が、ベトナム、インド、トルコ、イギリス、アメリカ、台湾などへ輸出しようとした原発ビジネス(安倍首相が成長戦略の目玉に位置づけ、企業幹部を引き連れて、トップセールスで売り込んできた)は、放射能の危険性と予想外のコスト高で、現地住民の反対にあって総くずれ、しかし日本国内では原発再稼動に固執しています。

 

日ロ領土問題、安倍首相は、日ソ共同宣言を基礎とすると称して、結局は歯舞・色丹の2島返還のみで平和条約を結ぼうとしているのではないかと批判。千島列島放棄という、第二次大戦の戦後処理が領土不拡大の国際的原則に反していること、その不公正を正す立場でロシアと交渉することを要求しました。

 

奈良県会議員選挙生駒市区(定員4)に

宮内まさよし元生駒市会議員

f:id:hanabamboo:20190227213118j:plain

が立候補を表明しました。

宮内さんの 立候補の決意表明

 奈良県会議員選挙に挑戦します

                    2019年2月3日  宮内 正厳

 

私は取り立てての能力を持ち合わせていません。しかし「おかしい」ことは「おかしい」と言える勇気と諦めないで頑張り抜く信念は持ち続けたいと考えています。

政治経験は生駒市議6期24年間。毎年約100人近くの市民からの相談を受け一緒に解決のため汗を流してきました。ぶれずに市民に寄り添う議員、身近な願いを大切にする政治を目指し頑張ってきました。

生駒市を揺るがした元市長と元議長の行政を食い物にした贈収賄事件。市民から宮内議員の追及が事件の解明につながったと評価していただきました。

自然破壊だけではなく財政破綻も懸念される、ムダな学研第二工区の巨大宅地開発計画にも市民とともに反対運動を広げてきました。

又水道料金について、生活弱者に寄り添う福祉減免制度を創設させる議員提出条例(案)を提案しました。又今では当たり前になっている政務調査費の収支報告書に領収書の添付と市民が閲覧できる条例案も提案してきました。

突然の生駒総合病院の閉院。多くの市民と、命・健康を守る砦である生駒市立病院の設立のため皆さんと力を合わせ実現させることが出ました。

 

市会議員を辞めて8年。この間健康に留意しながら、NHK問題を考える奈良の会や生駒の医療を育てる会等各種市民運動にも参加。昨今、NHKのニュース報道番組等が権力を監視する役割を薄め、アベ政権に忖度しているのではと危惧しています。

NHKに対して政治的公平等定めた放送法第4条を遵守して放送をする義務があることを確認する裁判を起こしました。

生駒市長に対して、生駒公明党3市議に支給された政務調査費(政活費)約110万円の返還請求を求める不当利益返還請求事件を奈良地裁に起こしています。

 

独善的知事さんサヨウナラ。福祉の心を活かした「新しい県政」こんにちは。

生駒市から県政を変えるチャンスです。

 

安倍首相と荒井知事は、住民不在の強引なやり方は瓜二つ。

住民の意見も聞かずに県立高校を3校も減らそうとしています。生徒が減っている今だからこそ、子どもを中心に据えた、30人学級の実現で教育環境をよくする発想が必要です。

奈良公園世界遺産平城宮跡をこわし、高級ホテルやテーマパークの建設に国と県合わせて2000億円もの税金を投入しようとしています。

荒井県政の与党議員は高すぎる国保料の引き上げ、高校減らし等に賛成しています。生駒市選出の県会議員は、自民党の安井・粒谷議員、無所属の阪口議員・維新の佐藤議員は国保料の引き上げに繋がる「県単位化」に賛成しています。高校減らす条例には、自民党安井・粒谷。無所属の阪口議員は賛成しています。

 

税金の使い方次第で、福祉の心を活かした「新しい県政」は創れます。人生100年時代。医療・介護・福祉の充実で活き生き元気な奈良県の実現を目指し頑張ります。

高齢化社会。誰もが迎えるその日のために、公共墓地や火葬場の整備充実が早急に必要とされています。

過労死・非正規・子供の貧困・セクハラ・パワハラ等、資本主義社会の矛盾と弊害が特に顕著になってきています。

低賃金・ブラック企業・突然の解雇等働き方が悪くされてきたのは、自然現象ではありません。政治や社会全体の問題です。将来を語れる社会を創り、若者の未来を支える、新しい県政創りにチャレンジします。

最後に、嘘とはぐらかし、隠蔽・改ざん・すり替えの安倍政権の深い闇に光を当て、国民が主人公の国づくりを進める日本共産党の躍進が求められています。

混沌の時代だからこそ、平和で福祉の心を取り戻す県政実現へ皆さんと力を合わせ頑張る決意です。                      以上

 

 (統一地方選の日程)

3月21日 知事選告示

3月29日 県議選告示

4月7日  知事選・県議選投票

4月14日 市長・市議選告示

4月21日 市長・市議選投票

   (参院選は7月21日投票?)

f:id:hanabamboo:20190227213809j:plain

2月2日生駒駅で消費税宣伝とシール投票。

左から、浜田、和泉、かまの、竹内 各予定候補

f:id:hanabamboo:20190227213833j:plain

 

 

日本共産党奈良県生駒市の新春のつどい開かれる

       共産党と後援会の共催で

 1月27日の大和郡山での共産党奈良県新春のつどい(参加700人)に続いて、大寒波襲来の2月9日、生駒市のつどいが「南コミセン」せせらぎで、90名が参加して、笑いと拍手の盛大な集会となりました。市議3候補と参院奈良選挙区候補かまのさん(メッセージ)のあいさつ、NHK裁判について宮内元市議より報告と訴え、そして大門みきし参院議員が生々しい国会報告を含む40分の熱弁を振るい、感動に包まれ、みんなで目前にせまる大きな選挙の必勝を期しました。

f:id:hanabamboo:20190227214228j:plain

 

 

◎党の風を吹かせて北地域後援会

 11月の市議選候補発表以降、和泉みすずさんとの街頭宣伝は、27回180箇所を超えました。中でも鹿の台での宣伝は100箇所を超え、20数軒に1ヶ所の割合になります。(2月11日現在) 和泉ちらしも1万2千枚配布。

 

 和泉さんからは、「もっと人通りの多い、車の多い交差点などで宣伝しましょう」とアドバイスを受けました。

 なお、1月14日には和泉さん、久保さんを囲んで集いがもたれ、ぜんざい・寿司などを食べながら、15人で歓談しました。久保議員が質問し続けていた就学前援助金が、入学式前に支給されるようになったこと、この地域に必要なコミバス、オンデマンドタクシーなどの要望が出ました。

 有権者の反応はまだまだわかりづらいものがありますが、遅れている電話かけとあわせて、いっそう頑張ります。和泉さんの必勝を期して。

 

 

▼住みよい街に!暮らしに!~各地のつどいで出された後援会員の声▲

 

中地域「はなみずきの会」

 2月2日、浜田市議と13名がつどいました。「安倍さん、増税やめてんか!」の夫婦漫才(複雑すぎて、わけのわからん軽減税率!)にみんな爆笑。

 浜田市議より4期目の立候補表明と、選挙事務所決定、生駒市政の課題を報告。

・高山第二工区の土地をどうするのか?

・生き生きクーポン券はどうする?

・少子高齢社会へ進む生駒市財政問題

参加者から「特養を増やして」「高額医療費支給制度について」「歩道の改善」などなど。

 ある席での声「消費税アップは仕方ないと思っていたけど、戦闘機の爆買いなんて知らんかった。そんなら値上げいらんわ」

 

南地域のつどい、がたくさん

 

 1月22日はMさん宅(壱分東)で、2月5日はHさん宅で、15日はIさん宅で、16日はMさん宅(壱分西)で、22日はKさん宅で、23日はAさん宅で、いずれも竹内ひろみ議員も参加して集いました。 (15日から宮内県議選予定候補も参加)

 

 DVDを視聴したつどいでは「日米地位協定の日本の地位が、イラクやアフガンより低い。地位協定の見直し意見書を生駒市議会でもぜひ」「米軍管制の横田空域が広すぎて、東京五輪の航空便に支障が出ている」「日本人の9割が、日米安保に肯定的らしい。米軍基地があるから、日本は守られている・・・・・と。沖縄県民の感覚と逆では」

原発が外国へ売れないのは、年代が経つほどかかる経費の見通しがつかないから」「青森の再処理工場も見通しがない」「日本のエネルギー政策、ソーラー発電、原発事故汚染、放射能測定所の活動、福島の状況・・・話は広がる」

 

「小中学校にエアコン導入は反対・・」「情報の操作がある。情報が権力に左右されている」「日本が本当に戦争の反省をしていないのに、韓国にお金さえ渡せばいいと思っている。だからいつまで経っても国際問題になる」「終戦時、日本人多数がシベリアへ連行されたのは、日本軍部とロシアの密約・取引によるもの」

 

公明党市議団は、政務活動費9000円(自宅プリンターインク代)を生駒市へ返還せよ、と奈良地裁判決。公明には痛打」「市立病院の収支は赤字か? 稼動ベッド数、患者数は?」「特養はもっとほしい。待機者多いのでは」「太陽光発電の問題点。いこま市民パワー社(社長は小紫市長)はなぜ随意契約か?」

 

「調整池の改良の取り組み実績」「大金投入して平城京跡の自然破壊。つばめのねぐらが心配、あの大極殿は当時の実際の姿と異なるニセもの」「ゴミ回収、道路が狭くても軽の回収車で家の前まで来てくれないか? 高齢者は重いゴミを持って集積場へ運ぶのが困難に」「国保の保険料が年49万円は高い!」「教師の多忙化、過労はたいへん! 残業しても手当てなし、夏休みなし」「保育園落ちた待機児童問題、学童保育体制の不足」